催促してもいいの?デートの日程調整が進まない理由を男女別に解説!

好きな人をデートに誘ったら、OKしてもらえた。

やったー!いつにしようかなー?

とワクワクしているのに、

相手が中々空いている日を教えてくれなくて、

日程調整が上手くいっていない…

そんな時ってすごく辛いですよね。

それに、

もしかしてデートしたくなくなったのかな…?

と不安になってしまいますよね。

また、相手が単に忘れているだけなんじゃないかと思って

催促してみようかなとも思うけど、それで嫌われたりしたら嫌だな…

と悩んでしまうと思います。

そこで今回は、男女別に

デートの誘いにはOKしてくれたのに

相手が連絡してくれなくて日程調整が上手くいかない理由と、

相手にウザいと思われない催促の仕方

をそれぞれ解説していきます。

デートの日程調整が進まない理由(女性)

相手の男性が仕事・用事等で忙しいから

単純にあなたがデートに誘った日やその前後で

相手が仕事で忙しかったり予定が詰まっていて、

相手が中々日程の調整が上手くいっていない。

という場合があります。

そういう時は相手が落ち着いた段階で

あなたらLINEに返事をしたりして日程の調整を進めてくれます。

「相手が忙しそうだな」

「何か仕事が忙しくなるとか言ってたな」

という場合は、

少し待ってみるのがベストです。

ただ、男目線で正直なことを言うと

どれだけ仕事が忙しかったり外せない用事があったとしても、

男は好きな女性となら何とかして合間を縫って、連絡したりデートしようとします。

これが男心です。

あなたも好きな人からのデートの誘いだったら、

多少忙しくても何とか日程を調整して時間を作ったりすると思います。

基本的にその辺りは男性も女性も同じだということを、

頭の片隅には入れておいてください。

あなたのことがそんなに気になる存在ではない

世の中の男には、

興味のない女性からの誘いであってもきちんと返事する

という男もいれば、

興味のない女性とはデートに行きたくない、返事すら面倒

という男もいます。

僕はどちらかというと前者ですが、

世の中には後者のような男もいます。

もし3日から4日、または1週間近く相手からの返事がないのであれば、

そもそも相手にとってあなたは気になる存在ではない

という可能性が高いと言えます。

僕自身も

マッチングアプリとか街コンで知り合った女性とLINEを交換して、

「この女性はあんまり合わなさそうだな」と感じたら、

相手からのLINEに返信しなかったことは結構あります。

男はそういう理由で女性からの連絡を無視する場合もあるということです。

単なる「遊び相手」という認識

そもそも相手にとってあなたは

「単なる遊び相手の一人」

という認識で返事を返すのがただ面倒になった、という場合もあります。

特に、

相手の男が「既婚者」である場合に、このケースが多いです。

というのも結婚していなくて彼女がいるだけ、という男の中には

「彼女がいても何食わぬ顔で他の女性とデートする」

という男もいますから、単に「彼女がいる」というだけの男は

遊び相手であっても返事をすることが多いです。

もし相手の男性が30代から40代くらいなのであれば、

相手が既婚者だった、という可能性も十分にあります。

いい断り文句が見つからない

実は男性の中には

女性を傷つけないように断りたいけど、その言い回しが見つからない

という男が少なからずいます。

デートに誘ってもらって嬉しいんだけど、

どうやって断りを入れたらいいか分からない

という感じですね。

特に、

  • 普段から誰に対しても親切で優しい
  • 真面目
  • 女性経験が少ない

こういうタイプの男性に多いです。

もし相手の男性がそういうタイプかな?と思うのであれば、

「もしかして忙しかった?ごめんね」

など軽く相手を気遣った、

相手が返信しやすいLINEを送ってあげると返事をしてくれることが多いです。

あなたとデートに行く気が無くなった

最初はあなたとデートに行く気があったとしても、

何かのきっかけでその気持ちが冷めてしまうことがあります。

それは何気ない普段の会話でもありえますし、

LINEのやり取りをしていたときにそうなってしまうこともあります。

そういう場合、男としては

断りにくくてどうLINEしていいか分からない

という場合と

返事する・連絡するのすら面倒になった

という場合があります。

後者は人間としてどうかと思うレベルですが(笑)、

こういった可能性も十分あり得ます。

相手もあなたと同じ人間なので、

何かしらのきっかけでデートに行く気が無くなってしまう

というのことはあるのだということは覚えておいてほしいと思います。

相手が「社交辞令」として受け取っている

相手があなたからのデートの誘いをOKしたのに中々連絡してくれなくて、

日程調整が上手くいっていない理由の1つに

相手があなたのデートの誘いを「社交辞令」として受け取っている

というのもあります。

これは特に

  • お互いに知り合って日が浅い
  • どちらかが先輩か後輩、上司か部下という間柄

という場合に起こりえます。

相手としてはあなたが本気で自分をデートに誘っているとは思っていないので、

デートするために日程を調整しようという気持ちすらない状態です。

もしあなたと相手が上記に挙げたような関係であれば、

一度

「今度の週末、ご飯でも行こっか」

と軽く誘いのLINEを入れてみると、相手としては

「あ、本当に誘ってくれてたんだ」と気づくので

日程を調整したりして連絡してくれる可能性が高いです。

相手が返事するのを忘れている

また、ただ単に相手が

あなたとデートの約束をしたことを忘れている

という場合もあります。

これは相手の男性が

  • 仕事や用事でかなり忙しい
  • あまりLINEをしない・連絡がマメでない

という場合に多いです。

ただ先ほども少し触れたように、

気になる女性とであれば、ほとんどの男は

多少忙しくても何とか日程を調整してデートしようとします。

そのため、この

「デートすることを忘れていた」というのはかなり稀

だということを覚えておいてください。

日程調整が進まない理由(男性編)

あなたとの時間を後回しにしている

僕は個人的に

女性の方が男性よりも好きな人に対する態度が顕著に表れる

と思っていて、あなたが気になる女性をデートに誘ったのにも関わらず

日程の調整が上手くいかない、相手からの返事がないという場合、

女性は

あなたに関わる時間よりも、仕事やその他の用事を優先している

というケースがほとんどです。

というのも、女性は男性に比べて

「その人といて自分がどう感じるか」ということを大事にしています。

それは生物学的な観点からも明らかで、

女性は1度子供を授かると出産するまで別の男の子供を宿すことが出来ません。

1度に1人の男の子供しか産むことが出来ません。

つまり、

複数の男性との関係を大切にするよりも、1人の男性との関係を大切にする

というような、そういう性質を基本的に女性は持っています。

なので、

「この人といても楽しくない。気持ちが安らがない」

「この男といてもつまらない。安心できない」

そういう風に感じた男との関係を女性はさほど大切にはしません。

仕事等の避けられない付き合いがある場合は別ですが、

男女関係、恋愛になるとその傾向が顕著になります。

デートに誘ったけど女性の返事が来ない、という場合は

相手に自分との時間を後回しにされている

と男は基本的に思っておいたほうがいいです。

あなたからの誘いを断りづらい

相手からデートの誘いに対する返事が来ていないという場合、

相手があなたの誘いを断りづらく思っている

という場合もあります。

先ほど女性は

「自分がいいな、と思っていない男との関係は重要視しない」

という話をしましたが、実はそれだけではなくて

女性には基本的に周りとの「協調」や「調和」を大事にする性質があります。

というのも、これも実は生物学的な観点から説明がついて、

女性、つまり動物的な分類でいう所の「メス」の仕事というのは

  • 巣作り
  • 子育て

この2つです。

で、この2つをきちんとやっていこうと思うと、

まず

  • 安心安全な環境(子供や自分が襲われたりしない環境)
  • 他の同種族との調和

必要不可欠です。

そうでないと

巣作りなんかできませんし、

子供をきちんと育てることなんてできないからです。

そういう生物学的な観点から見ると

女性にとって他の人間と波風立てることは出来るだけしたくない

というのが本音であり、基本的にはそういう性質があります。

で、先ほどのデートの誘いが断りづらいという話に戻りますが、

基本的に女性が男性の誘いを断ろうとするときは

出来るだけ波風立てずに断りたい

と思っています。

でも、相手の女性とあなたとの関係が

  • 上司と部下
  • 先輩と後輩
  • 職場の同僚
  • クラスメイト

こんな風に日常的に接点があるような関係だと、

上手く断らないと

多かれ少なかれ気まずくなってしまいます。

そういう場合、女性としては

  • 未読無視
  • 既読無視

という方法を取ってあなたに

「気づいてほしい」というサインを出していること

がほとんどなんですね。

相手の女性に

「断りづらいと思われるような誘い方をしていないか?」

「相手が断りづらいなと感じる立場で誘っていないか?」

ということを男は特に意識してほしいと思います。

連絡するのを忘れている

先ほども言ったように、女性は

自分が「いいな」と思う男との関係、その男と過ごす時間は重要視するけど、

そうでない男との関係はさほど大切にしない

ということに触れましたが、

女性の性格によっては

単にあなたに連絡することを忘れているだけ

という場合もあります。

  • 普段から忘れっぽい
  • 天然
  • ドジっ子

こういう性格の女性に多い傾向があります。

ただ、単に相手の女性が「忘れている」という理由で

デートの日程調整が進まない、というのは

ほとんどありえません。

これは先ほどの女性の基本的な性質面でもそうですし、

僕の経験上色んな女性と恋愛してきた中で

相手にデートの約束を忘れられていた、というのは

たった1度しかなかった

ということからも僕はそうだと確信しています。

僕のその1回だって約束した時に会う日は時間は決まりましたし、

当日になった時には忘れられていた

というだけです。

また、当然のことですがその女性には

フラれました。

先ほども触れましたが、相手に忘れられてしまうようなら

「私にとってあなたはさほど重要な存在ではないのよ」

と言われているようなものなので、

もし相手が「忘れてた~ごめんね」と言ってきた場合は

「脈なし」の可能性が高いと思っておいてください。

ここまでが

相手がデートの誘いをOKしたのに

中々連絡したりしてこない男女別の理由

になります。

次は、

そもそもデートの日程の調整をしてもらえるように

相手に催促してもいいのかどうか?

ということを解説していきます。

そもそもデートの日程調整ぐらいで催促してもいいのか?

要は催促の「やり方」が大切

おそらくあなたの中には

「デートの日程の調整を相手に催促してもいいのか?」

という不安・疑問があると思いますが、

催促すること自体は別に何も問題ありません。

先ほども話したように、

相手がデートの約束をしたことを忘れてしまっている場合もあるわけですから。

ただ、気を付けなければいけないのは

催促の仕方

です。

ここを間違えると一気に相手との距離が離れてしまう上に、

挽回がかなり難しくなります。

なので、後ほど

相手にウザいと思われない「催促の仕方」

を紹介していきます。

個人的には「待つ」ことがオススメ

ただ、僕個人の経験からすると

日程の調整をしてもらうために相手に催促するのは

正直オススメしません。

1日や2日返事がないのならまだしも、

1週間近くも返事がないなどの場合は特にです。

というのも、

それだけ時間が経っているのに相手が連絡しない、というのは

「デートしたくない」という気持ちの表れ

だと言ってしまってもいいくらいのことだからです。

先ほど「相手が単に忘れてしまっている場合もある」と話しましたが、

逆に言えば、そういう場合でも相手にとってあなたとのデートは

忘れてしまうくらい重要度が低いもの

だと言い換えることが出来ます。

なので、そういう可能性が高いということを踏まえたうえで

これから話す

「正しい催促の仕方」

を読んでいってほしいと思います。

相手にウザいと思われない「催促の仕方」

デートをする前提で相手に空いている日を聞く

まず1つ目は、

「デートする前提で空いている日を聞く」

という催促の仕方です。

「今度のことなんだけどいつ空いてる?」

「この前言ってたお店に行くの、いつにする?」

こんな感じですね。

催促している感じがほとんどなく、

自然と日程の調整をしてほしいことを相手に促していますよね。

このやり方は結構オススメです。

どこか行きたいところがないか聞く

もう一つは、

相手に行きたいところがないか聞く

というやり方です。

というのも、デートをすること自体に関しては

相手が仮にあなたの誘いを「社交辞令」として受け取ってしまっていようが、

もうすでに一度「OK」の返事を貰っているわけです。

であれば、デートをするという前提で

「デートする場所を決めたいから」という口実を作りつつ相手に日程の調整を促す

という感じですね。

こんな感じで自然な感じと相手に連絡すると

相手に「催促している感じ」を与えることなく、

スムーズにデートするための日程を調整してもらうことが出来ます。

ただ、これだけではどちらかというと

「相手任せ」の感じが出てしまいます。

特に、

男性が女性を初デートに誘う場合は、

自分で考えたプランをきちんと伝えることも大切です。

そうでないと女性側の負担が大きくなってしまいますし、

もちろん人それぞれではありますが

女性は少なからず「男性にリードしてほしい」と思っています。

だから、ただ誘ったり催促するだけでは

断られてしまう可能性もあります。

それを防ぐためにも、

相手に「デートしたい!」と思わせるプランの立て方

もご紹介します。

相手に「デートしたい!」と思わせるプランの立て方

基本的に相手に「デートしたい!」と思わせるプランというのは、

「相手の好みに合わせたプラン」

であり、

それを相手に提案する

ということです。

極端に言うと

「自分そっちのけでも相手に行きたい!と思わせるプラン」

ということですね。

それぐらいのプランを相手に提案できれば、

  • デートの誘いを断られてしまう
  • 日程調整がスムーズにいかない

こういったことが起きる可能性がグッと減ります。

じゃあ、どうやってそういうプランを立てるのかというと、

普段の会話等で相手の好みをリサーチしておき、それを元にデートスポットを選ぶ

という感じです。

もし相手とあなたの間に共通の知人や友人がいる場合は、

その人に相手の好みを聞くのももちろんアリです。

特に、

女性の知人・友人がオススメです。

というのも、男性の知人とかだと

  • 変な冷やかしをされる
  • 学校や職場で噂を広げられる
  • ザックリとしたことしか教えてくれない

という可能性が女性よりも高いからです。

男の全員が全員そういうわけではありませんが、

よほどあなたと親しい人とかでなければ

男性に相談するのは僕はオススメしません。

男はどうしても「子供っぽい」所がありますからね。

男である僕からのアドバイスです(笑)

ちなみに

僕は男に恋愛相談をしたことはほとんどありません。

学生時代でも、好きな子が誰なのかを話したのは

自分の親友だけです。

それ以外だとコンサルティングをしてもらっている人、

つまり僕がこの人からアドバイスを受けたい、と思った人ぐらいです。

話を戻しますが、

そんな風に普段の会話から相手の好みを聞き出したり、

共通の知人や友人に聞いてリサーチして

相手の好みを狙った、相手の好みに合わせたプランを立てて提案したとしても、

誘い方がまずいと断られてしまったり、

そもそも返事をしてもらえない可能性もなくはないです。

それを防ぐためには、

相手をデートに誘う段階で返事をもらいやすい誘い方

をする必要があります。

これは

あなたの誘いを断ることへの、相手の負担を軽くする

ということはもちろん、

日程調整をスムーズに進める

という点でも大切です。

なので、

相手が返事しやすいデートの誘い方

を最後にご紹介します。

相手から返事をもらいやすいデートの誘い方

先ほど

相手のデートの誘いを断ることへの負担を軽くすることで、

相手に返事をもらいやすくなる

ということを話しましたが、ここであなたに質問です。

あなたが思う「断りやすい人」とはどんな人ですか?

食事の誘い、遊びの誘い…どんな誘いの形でも構いません。

どんな人からの誘いなら、「断りやすいな」と感じますか?

実はそこに、

返事をもらいやすいデートの誘い方の「答え」があります。

少し考えてみてほしいと思います。

考えましたか?

で、僕の例を挙げると、

僕が思う「誘いを断りやすい人」という人は

  • 母親
  • 自分の親しい友人
  • 彼女(or奥さん)

なんですが、要するに

「親しい人」

です。

親しい人からの誘いであれば、「断りやすいな」と僕は思います。

僕は一人っ子なので兄弟はいませんが、

兄弟がいれば「親しい人」の中に入っていたかもしれません。

逆に、

  • 会社の上司
  • それほど仲良くない同僚
  • ただの知り合い
  • 親戚

こういう間柄の人からの誘いは断りにくいな、

と僕は思います。

おそらく、あなたもきっと同じはずです。

つまり、人は

親しくない人から誘われると断りにくい

ということです。

でも、今回はそれが言いたいのではありません。

勘のいい方は分かると思いますが、

「友達を遊びに誘う感じ」で軽く誘う

というのが、

相手に返事をもらいやすいデートの誘い方なんですね。

友達からの誘いからであれば、比較的断りやすいですよね?

でも、まだあなたと相手が「友達」と言える間柄ではない場合もありますし、

まだそれほど親しく付き合いをしていないということもあると思います。

だからこそ

友達を遊びに誘う感じで、軽い感じで誘うんです。

軽い感じで誘われると相手も断りやすくなります。

「一緒にお食事行きませんか?」

という誘われ方をしたときと、

「今度ご飯でもどうですか?」

という誘われ方をしたときと、どっちが断りやすいですか?

どっちが軽い感じで誘っていますか?

圧倒的に後者ですよね?

年齢が同じとか年下ならタメ口でも全然OKです。

だって

「友達を誘う感じ」で誘うわけですから。

友達に敬語なんて使いますか?

使いませんよね?

そういうことです。

これに先ほどご紹介した

  • 相手に行きたいところを聞く
  • その上で相手が好みそうなスポット・プランをさりげなく提案

これらを組み合わせることで

  • デートの誘いを断られてしまう
  • 日程調整をしてもらえない

という可能性がググっと下がります。

僕はこれらを組み合わせて使っているんですが、

デートの誘いそのものを断られてしまうことがほとんど無くなった上に、

相手が連絡してくれなくて日程調整してほしくて「催促しようかな…」と

悩むことがほとんど無くなりました。

ぜひとも取り入れてみることをオススメします。

まとめ

今回は

デートの日程調整がスムーズに進まない時

相手に催促してもいいのかどうか?

ということをテーマに、

相手にウザいと思われない催促の仕方や

相手に返事をもらいやすいデートの誘い方など

を解説しました。

今回した話をぜひとも取り入れてもらって、

相手にデートの日程調整をしてもらえなくて辛い…

催促したいけどウザいと思われたくない…

そんな悩みとはおさらばしてほしいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

マサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です